短縮URL-長い URLを入れます tiny:






  

2011年06月20日

東芝ノートでLucidPuppy

こんばんは



東芝の、ノートで、サスペンド??無くしました

サスペンドって言うのかは???ですが

もしかしたら、スリープ・モード??

東芝のノートPCに、”LucidPuppy5.1.1”を

frugalインストールしたのですが

あの、何も操作しないと、・・・

ひとりでに、スクリーンセーバーが、立ち上がって

画面が、真っ暗になったまま、復帰しないって言う

東芝、独特??の、クセ?・・・

解決しました



どうも、あまり難しく考えていたようです

というのも、最初現象が起こった後に

ネットで、”LucidPuppy””toshiba”で、検索したら

どうも、東芝は、”acpi”が問題らしい?

って言うのを、見つけて

以来、”acpi”が犯人??だと、思って

そればかり、考えてましたが

”acpi=off”でも、ダメで・・・

「んー、東芝の、acpiは、puppyには鬼門だなー」と

色々と、やりましたが、XXXXXXXXXXXXXXXダメー!!



それで、ふと、気がつきました

そう言えば、puppyのスクリーンセーバーの設定って??

私は、puppyのスクリーンセーバーを、見た記憶が無い!

いつも、急いで、PCを、オンにして・・・・

終わったら、オフにする

大抵、こういう使い方をしていたので

・・・か、どうかは、わかりませんが

スクリーンセーバーが起動したのは、見たことがありません

それで、スクリーンセーバーの設定を探しました

・・・・ありました

メニュー→デスクトップ→Xのプロパティ設定から

出ました

その中の、”screensavar”って、タブを選んで

”Enable screen saver”のチェックを外しました

あとは、”OK”を押して、ボックスを閉じて

念のため、メニュー→シャットダウン→Xサーバーをリスタート

Xwindowが立ち上がったら、

そのまま、何もしないで、1時間位、ほっとく・・・

成功!です、画面には変化なし!!

しかも、ノートの画面??を、たたむ??閉じる??と

サスペンドモード?になり、真っ暗になります

こちらは、画面部を開くと、復帰します!

これで、普通に使えますね

ノートだから、他人に見せたくない時は

画面を閉じれば、いいし

今は、液晶も、進化して

点けっぱなしでも、画面が焼き付くなんてことは

ないでしょうから

昔は、しょちゅうありましたけど

しかも、CRTの焼き付きだったら、まだしも・・

昔は、非常に高価な、LCDが焼き付いたとなると・・o(;△;)o

って事に・・・



本当に、おおマヌケですねー

難しくて、面倒な、何にも関係の無い事をして

一番簡単なところを、忘れてるなんて・・

まさに、”初心忘れるべからず”ですね

でも、これで、なんとか、つかえる環境になりました

東芝の古いノートPCを、使ってる方の

参考にでも、なれば幸いです



私が、”LucidPuppy”を、導入??しようと思った

きっかけのサイトです

色々と、お世話に、なります




あと、PuppyLinux日本語のサイトです




そして、PuppyLinuxのダウンロードサイトです


ここから、好きなバージョンを選んで、

ダウンロードしてください

現在最新版は、日本語が、Wary5.1.1

LucidPuppyは、5.2.5ですが、

”LucidPuppy”は、日本語版は、まだ、ありません

日本語化対応しているのは、LucidPuppy5.1.1です

詳しくは、PuppyLinux日本語版サイトを、見てください

posted by かず at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | PuppyLinux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。